弁護士を依頼すること

お金B型肝炎訴訟は過去の集団予防接種によって不幸にしてB型肝炎に感染してしまった人を救済するために行う物です。集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった人の数は40万人以上になると言われていますが、今のところほとんどの人がB型感染訴訟を行わないでいるという状態が続いています。このような状態を打開する為に時限の法律を作って、国の方で弁護士費用の一部負担をすること更には、医療機関での証明をするための費用を負担することをしています。

また、短期間で和解になるように交渉が進むようにもなっています。集団予防接種以外の方法でB型肝炎に感染したことを国の方で証明することは現実不可能ですので、ほとんどの場合において給付金を受給できるようになります。しかしながら、訴訟を起こすには法的な手続きが必要になりますので、もちろん法律の知識に明るいのであればご自身で行うことも可能ではありますが現実的には、弁護士に依頼をして訴訟の手続きを行って行くのが一般的です。

訴訟に持ち込むことができれば間違いなく給付金を得ることができるようになりますが、実際に訴訟に持ち込めるかどうかをまずは弁護士相談をして判断してもらうといいでしょう。弁護士が訴訟に持ち込むのが難しいと判断した場合には、給付金をもらうことはできないと考えたほうがいいでしょう。一方で訴訟に持ち込むことができれば、短期間(半年程度)で給付をスタートさせることも可能になります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket