弁護士の分析

注射器B型肝炎訴訟を考えるのであれば、まずは弁護士にその対象者であるかどうかを検討してもらうといいでしょう。7歳になるまでに注射針を連続して使用することによってB型肝炎ウイルスに感染した人と更には、その母親から母子感染し高田が対象になります。また、既にお亡くなりになっている対象者の方は、その遺族の方が給付金を受け取ることが可能になります。対象者であることを認定するためには、証明書を用意して、裁判所に訴訟を起こすことが必要です。

やみくもに訴訟を起こしても上手く行かないことがほとんどですので、まずは弁護士にどのような証明書を用意すればいいか確認してみてもらうといいでしょう。それに基づいて弁護士には、訴訟関連の書類の用意をお願いしてみるといいでしょう。それぞれの病気の症状によって受給できる給付金の額が変わってきますので、その点についても弁護士に分析をしてもらうと良いでしょう。

特定無症候性持続感染者の方も受給対象者となります。このような場合には、慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費、母子感染防止のための医療費、世帯内感染防止のための医療費、定期検査手当も支給される仕組みとなっています。弁護士費用の4%も国が負担をする制度となっています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket