弁護士への証明書

書類B型肝炎訴訟を起こす際には、集団予防接種によって注射器の連続使用によってB型肝炎に感染したことを証明することが必要になります。どのような証明書が必要になるかは、基本合意書によって規定されていますので、それに基づいて証明書を用意していくことが必要になります。関連のwebサイトを調べてみれば、必要となる証明書について調べることもできますが、それを医療機関に依頼することも必要になりますので、法的な知識に加えて、医学の知識も少なからず必要になります。訴訟にさいしては必要な証明書をすべて用意して弁護士に渡すことが求められます。

仮にどのような証明書を用意すればいいのかについて関連のwebサイトを調べても不明の場合には、初めからすべてを弁護士に相談して必要となる書類についての指示を受けてしまってもいいでしょう。これまで、多くのB型肝炎訴訟を担当した経験を持った弁護士であれば、これまでの実例をもとに的確に必要書類を提示してくれますので、それに合わせて証明書を用意して行けばいいでしょう。

B型肝炎訴訟を起こす際の医学的な証明書の準備に必要な費用も国が負担してくれる制度になっていますので、その点も弁護士に相談してみてもいいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket